フレッツ光とドコモ光の料金や速度の違いを比較!

 

ドコモ販売店へ行けば絶対と言っていいほど
呼びかけられる「ドコモ光」はフレッツ光と何が違うというのでしょうか?
それは何といっても料金の違いは大きいと思いますね。
ドコモのスマートフォンの使用料金がキャンペーン価格になる
「ドコモ光のセット割引」といった素晴らしい利用料サービスが受けられるからです。

 

これより下記に掘り下げて書いてますけど、
フレッツ光と比較するとドコモのスマートフォンを1人であろうと入っているなら
「ドコモ光パック」のセット割引が数百円格安になり、
ドコモを現在契約中のご家族が多いのならその分だけ割引も大きくなるのです。
プロバイダーの選択で違いがあります。

 

 

auひかりのキャッシュバックがや翌月の早い代理店

 

コミュファ光のプロバイダのSo-netの評判やキャンペーンについて

 

 

料金の比較

 

フレッツ光とドコモ光の大きく違うところはとにかく料金です。
「ドコモ光」の料金プランとフレッツ光の料金を比較してみることにします。
以下の比較はすべて税抜です。

 

フレッツ光

 

さしあたって、NTTフレッツ光回線 戸建て住宅タイプの新規で
「Web光もっと2割」を契約したとします。
通常料金は」5400円なのですが、「Web光もっと2割」で3,810円になります。
プロバイダは最安プロバイダにしてBBエキサイト を
選ぶと毎月500円のみの上乗せで済みます。

 

「Web光もっと2割」適用時のフレッツ光をまとめてみると以下の通り。

  • 戸建て・・・4,810円/月(「ひかり電話」無しの場合 4,310円です。)
  • マンション・・・3,930円/月(「ひかり電話」無しの場合 3,430円です。)

NTT東日本のフレッツ光の場合は、
一戸建て住宅の割引は

  • ギガ押し割引(30か月間 300円/月々 割引)
  • 2年割(700 円/月々 割引 2年制約あり。)
  • マンスリーポイント(初年度だけ 100円/月々 割引)
  • 4600円+プロバイダー(500円~)
  • 光電話なし・・・5100円/月 〜

というわけです。

 

集合住宅の割引は一戸建て住宅より少なくて

  • ギガ押し割引(30か月間 200円/月々 割引)
  • 2年割(100 円/月々 割引 2年制約あり。)
  • マンスリーポイント(初年度のみ 100円/月々 割引)
  • 2950円 +プロバイダー(500円〜)
  • 光電話なし・・・3450円/月 〜

となります。

 

 

⇒ フレッツ光のキャンペーンサイト

 

 

 

 

ドコモ光の料金

 

それではこれを、ドコモ光の料金プランと比較していきましょう。
続いてドコモ光です。次にあげる利用料は2年間の制約がつきまといます。
すなわち2年毎の更新月間以外で退会するケースでは、
違約金が請求されると考えます。
(2年契約を選択しない場合、
戸建なならプラス1,500円、マンションならプラス1,000円となります。)

 

例えばプロバイダを「ぷらら」や「GMOとくとくBB 」だったら
料金プランは「タイプA」となって、「戸建て住宅」が5200円、
集合住宅タイプが4000円。これを「ひかり電話」加入ありのフレッツ光回線の
利用料と比較対照すると、「ドコモ光」の方がフレッツ光回線より、
「戸建て住宅」で390円高くて、「集合住宅タイプ」で70円高くなります。

 

上記のようにドコモ光回線とフレッツ光回線を光回線単体で対比させてみると、
ドコモ光の利用料はNTTフレッツ光回線より少し高くなってしまって、
値段的なメリットがあまり見られません。
しかしながら、ドコモのスマートフォンのデータ通信契約との
セット割「ドコモ光割」の場合は、お得なイメージがでます。
次にあげる通りなんです。

 

 

⇒ ドコモ光のキャンペーンサイト

 

 

 

スマホのセット割で比較

 

戸建て

 

下記は2年間加入の戸建て住宅に「ドコモ光」で
光インターネットを導入した「ドコモ光パック」(セット割)になります。
ドコモのスマホ4台契約の家族が「ウルトラシェアパック 50GB」を選択すると、
「戸建て」2500円 つまり一台当たり 625円 お安くなります。
スマホ一台契約でデータMパックなら、800円割引を受けられます。

 

マンション

 

「戸建て住宅」程じゃないですけど、
ファミリーでドコモに加入しているとしたら相当の割引を受けることができます。

 

 

ドコモ光

 

 

フレッツ光とドコモ光の料金比較のまとめ

 

比較検討の結論として、ドコモ・スマートフォン1台の「ドコモ光パック」(セット割)では
「ドコモ光」がフレッツ光より数百円程度お安くなり、
ドコモ・スマホ4台位ならおよそ2500円安くなるみたいです。

 

まとめると、あなた自身がドコモのスマートフォン利用者で、
パケットM(5G)以上の加入だったら、
加えて身内にドコモ利用者が多いなら、
「フレッツ光回線」よりも「ドコモ光」に申し込んだ方がお得だという結果になったわけです。
これは「「新規」であっても「転用の乗り換えであっても同様です。

 

ご家庭の中においてドコモのスマートフォンに加入しているとしたら、
ドコモ光はフレッツ光と比較して低価格になります。
ご家庭の中にドコモの加入が多いと、さらに低価格になります。

 

 

フレッツ光とドコモ光の速度の違いは?

 

プロバイダーが一緒なら、まったく変わりません。
その理由は、ドコモはフレッツ光の通信回線を借り入れているだけだからなんです。
でも、プロバイダーがIPV6(v6プラス)の対策を実施していなければ、
フレッツ光からドコモ光に乗り換えしたところで、
速度をアップさせる部分でメリットはないです。

 

お勧めのプロバイダは?

 

フレッツ光からドコモ光へ転用や乗り換えたいユーザーは、
「料金」と「速度」2つの面で付加価値を享受したい場合は、
プロバイダーが超速のIPV6(v6プラス)に対策を施していて、
平均スピードをオープンにしている「GMOとくとくBB 」が最も一押しです。

 

 

 

⇒ ドコモ光のキャンペーンサイト

 

 

ドコモ光